美容室でストレートパーマか縮毛矯正を選ぶ場合

美容室で頑固なくせ毛をストレートにしたい場合や、かけてしまったパーマを新しくかけ直したい場合に施術してもらうのがストレートパーマと縮毛矯正です。

両者の区別がつかないという、どう違うのかよくわからないと言われることもありますが、両者にははっきりした違いがあります。くせ毛を矯正したくてストレートパーマを美容室でかけているのに直毛にならない場合は髪の毛の状態に適さないものを使っている場合があります。ストレートパーマはパーマをかけた状態を元のまっすぐな状態の髪の毛にすることを言います。

あくまでもパーマを落とす目的のものですから、乾いた状態でもカールしている天然のくせ毛には有効ではないので注意しましょう。ちなみにストレートパーマはコールドパーマの方法で行われたもののための施術ですから、エアウェーブやデジタルパーマのように新しい技術を使ったパーマの場合は他の方法でパーマを落とすことになります。美容室の縮毛矯正というメニューは、その名前の通り生まれつきのくせ毛をまっすぐにするためのものです。

濡れていない状態で表れているカールや癖ならどんなものでも落とせます。昨今人気のデジタルパーマなどはこちらの方法で髪型をパーマ前の状態に戻せます。両者の性質を正しく理解して、髪の毛にかかっているパーマの種類も正確に覚えておけばストレートパーマも縮毛矯正も、それぞれの特質に合わせてうまく使いこなすことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *